立花宗茂


 立花宗茂(1567~1643)は安土桃山時代から江戸時代前期の武将、大名であります。秀吉の文禄の役の後、伴って帰還した陶工により窯を築きました。1598年〜の男ノ子焼の始まりです。コンテンツ男ノ子焼のページでも少し触れていますのでご参照ください。加藤清正も彼を「日本一の武将である」と賞賛したと言われております。兜のデザインもとても素敵ではないでしょうか?  男ノ子焼を語る上で、今後もご紹介して行きたいと思います。大河ドラマになるのもそう遠くないと考えています。 つづく・・・・
2014-01-30 | Posted in blogNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment