Barbizon


画家の話です。バルビゾン派(1830〜1870頃)はフランスで発生した絵画の一派です。「落穂拾い」でご存知のミレーもその一人です。フォンテーヌブローの森に沿ってバルビゾン村はあります。豊かな自然に魅せられた画家達が集まりました。遠く離れた日本の八女地方にこの名前の付いた道路があります。  バルビゾンの風景と八女の風景に魅了された画家の存在があります。   バルビゾンの風景
2014-01-28 | Posted in blog1 Comment » 

関連記事

コメント1件

 ux | 2014.01.29 17:53

風景が似てるんですかね。
昔はミレーはただ自然主義の人くらいの印象しかなかったんですが、
労働を美しく描こうとしていた、みたいなことを読んで、へえーって思ったことがあります。

農業みたいな第一次産業の労働は、美しく見えたりなんかしちゃったりするね。
今の資本主義のサラリーマンの仕事なんか画にならんよなあ。

Comment





Comment