久留米絣タイ


久留米絣30/2縞という生地で製作したネクタイです。 経糸と緯糸で織られる生地ですが、久留米絣の場合は先に糸を括って染めます。 その絣糸の組み合わせで色々な模様が形成される訳です。 糸にも色々ございます。一番気になるのは織られた生地の柔らかさ?かもしれません。 一概に言う事はできませんが、細い糸で織られていれば薄く(柔らかい)、太い糸で織られていれば 厚い(しっかりした)感じかもしれません。 上記の数字30/2はその糸の太さと織糸の数を表しています。番手と呼ばれ、単糸の太さの単位です。 /2は何本の糸を撚り合わせているかで、/1であれば単糸、/2であえれば単糸が2本(双糸)と 言う事です。 通常30番手の糸を標準として番手の数字が大きくなる程細い糸、小さくなる程太い糸となります。 糸の太さの単位です。 よってこのネクタイ双糸で織られており、しっかりとした生地になっております。シルクのネクタイ が多い中、久留米絣の30番手双糸のネクタイ、少し固めでカッチリ結べます! 久留米絣は奥が深く、私もまだまだ勉強足りない部分もございますが、これから久留米絣の事を 出来るだけ深くお伝えできればと思っております。 因に最近はパッケージングの試行錯誤しております・・・いかがでしょうか? 久留米絣ネクタイ1 久留米絣ネクタイ2 久留米絣ネクタイ3 久留米絣ネクタイ5 久留米絣ネクタイ6 久留米絣ネクタイ7    
2014-04-15 | Posted in galleryNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment